中咽頭がんの初期症状=食事時ののどの違和感

中咽頭がんの初期症状

中咽頭は、食べ物や空気の通路であり、食べ物を飲み込む「嚥下」のはたらきや、言葉を話す「構音」を行うはたらきをもっています。そのため、中咽頭がんの初期の症状では、食べ物を飲み込むときののどの違和感やしみる感じがあらわれてきます。

扁桃にがんができた場合は、上記の症状に加えて扁桃の腫れがみられます。

ときには、頸部へ転移したリンパ節の腫れが唯一の初発症状として現れることもあるので、注意が必要です。

進行した中咽頭がんの症状

進 行してくるとのどの異物感が痛みや飲みにくさ、話しにくさに変わってきて、だんだんその症状は強くなってきます。最初は魚の骨が刺さったようなチクチクし た痛みですが、進行するにつれて痛みは強まります。さらに進行すると、出血や呼吸困難などといった生命に危険をおよぼす症状を引き起こします。

Copyright© 2020 adminuser All Rights Reserved.