上咽頭がんの初期症状=鼻づまり

上咽頭がんの症状

上咽頭がんの症状としては、首のリンパ節のはれがあります。これは、頸部リンパ節への転移によるものです。多くの場合、耳介の下斜め後方 のリンパ節が腫れますが、がんが進行すると他の頸部リンパ節も腫れてきます。上咽頭がんは頸部リンパ節の転移が多く、ほとんどの患者でこの頸部リンパ節が 転移が認められるようです。

上咽頭がんの初期症状=鼻づまり

がんが耳管咽頭口に浸潤すると、耳管が閉塞し、耳の詰まり、耳鳴り、難聴などの症状が現れます。これらの症状は、ほとんどの場合で片方の耳だけに生じます。閉塞した状態が続くと中耳炎を起こすこともあります。

がん鼻腔(びくう)へ浸潤すると、鼻づまりや鼻血、血の混じった鼻水が出るようになります。

がんの脳神経を圧迫あるいは侵害すると、どの神経を圧迫するかにもよりますが、視神経の障害による視覚障害や三叉神経の障害による疼痛がみられることがあります。

Copyright© 2020 adminuser All Rights Reserved.